考える力をつけるには|守口市の【セルモ 守口大久保町教室】個別指導の学習塾だから、納得いくまで集中して学習できます。

考える力をつけるには

中学生に最も求められるのは、考える力ではないでしょうか。なぜなら基礎学力で得た道具を組み立てる、応用力が必要になるからです。ここで考える力をつけるヒントについて、ご紹介いたします。

親ができること

思春期に入る中学生の親子には、付かず離れずの距離感が大切です。必要に応じてアドバイスは行うものの、過保護や強制行為は悪い影響を与えます。自己管理能力を鍛える意味で、子供部屋を与えても良いでしょう。自分のことを考える力を伸ばすには、どうしてこうなったかという自問自答を繰り返すことです。そして「何になりたい」という願望や結果より「何がしたいか」という行為やプロセスまで考えさせるようにすると、具体的な目標が出てきます。一生懸命考える時間を与え、その間は沈黙することも大切です。

自分でできること

自分で考える力をつけるためには、すべてを疑うことから始まります。例えば新聞記事の難しい内容があったとします。出てくる単語の意味をすべて調べ、自分の中で一つ一つ理解します。そして記事の内容が正しいか、たくさんの書籍やインターネットで調べます。さらに客観的に見て、どのような立場で意見を言っているのかを考えます。考える前には理解が必要です。そして理解できた物を自分で組み立てることができれば、別の物に組み替えることも可能になります。非常に時間がかかる作業ですが、慣れると知識や理解力が深まり、作業も早くなります。そして考える材料が増えるので、応用力も自然とつくのです。

中学生学習塾でできること

中学生学習塾のセルモ守口大久保町教室も、考える力をつけるための個別指導を行っています。まず基礎学力の再確認を行い、どこが理解できないかを徹底して確認します。そのため時間が取れる夏期講習、冬期講習や春期講習は、弱点克服のチャンスです。さかのぼって学習することで完全に理解した後は、授業で行われている勉強内容を確認します。多くの問題を見ながら、どう解決するのかを考えてみます。分からない場合は講師が個別指導でヒントを提供します。そして解ける問題が増えたら、次の授業で行う内容を先取りして予習します。こうして学年で学ぶ教科書の内容をすべて理解できれば、模試の結果に必ず現れます。難しい問題を自分で考えて解決できるテクニックが身に付いたら、さらに受験対策用の問題集などで自信をつけてください。楽しく勉強しながら受験対策もできるので、受験勉強の時間を効率よく使うことができます。

守口市にあるセルモ守口大久保町教室は、自主学習や個別指導を行う中学生学習塾です。考える力は人間力を高め、困難でもあきらめない粘り強さを形成します。地域に開放された中学生学習塾を目指しています。また見学や無料体験も行っています。お近くにお住まいの方は、ぜひご相談ください。

一緒に成績アップに向けて頑張りましょう!

お気軽にお問い合わせ下さい。 TEL / FAX 06-7172-9145 メールフォームはこちらです!

Information

個別学習のセルモ 守口大久保町教室
〒570-0012
大阪府守口市大久保町2-17-11 
ヒロミツイースト101
お問い合わせ TEL / FAX 06-7172-9145
Mail Form メールは24時間受け付けています。

ページの先頭へ